おなら よく出る 病気

おならがよく出るのは病気のサイン?

スポンサーリンク

おならや便は健康を知るのにいい目安になるので日々の健康チェックに利用するといいですよ。
おならというのは生理現象なので人間だれしも毎日やっています。
一日におならをする回数というのは意識して数えた人はあまりいないかもしれませんが、一日15回位はおならを出していると言われています。
おならがそれどころではない!頻繁に出過ぎるというひとは思わぬ病気のサインが隠れている可能性もあります。
よく言われるのが大腸がん。
大腸がんを患うと便が出にくくなるためおならの量が増えると言われています。
また胃腸などの消化器官に不調や病気があるとおならが増えると言われていますね。
腸炎、慢性胃炎、直腸潰瘍でもおならが良く出ます。
そのほかすい臓、肝臓、胆嚢などの疾患、尿路結石といったものでもおならの量が増えます。

スポンサーリンク

病気以外にも牛乳不耐症の人が乳製品や牛乳を食べた時にガスが発生してしまうことがあります。
おならが増えるのには病気のサインの場合もあるので注意が必要です。
とはいってもおならが増えたことに必要以上に神経をとがらせることはありません。
その状態が長く続くというときは気をつけた方がいいです。
おならが多いということで食事の取り方を気をつけ、腸内環境の改善を心がけてください。
おならの回数や臭いなど改善が見られないときは病院にいって検査してみるのが一番です。
おならがよく出るというのでおなら恐怖症になって日常生活が送りづらくなっているひともいます。
ストレスが原因でおならが出やすくなるうえ、おならをきにしすぎてさらにストレスという悪循環が怒ってしまいます。
もしおならが気になって外出などもままならないということであればこちらもお医者さんに相談するのがいいでしょう。
現代人に増えているストレスが原因で起こると考えられています。
ケアする病院も増えてきているのでおすすめですよ。

スポンサーリンク