食後 おなら 多い 原因

食後におならが多い原因と対策

スポンサーリンク

食後にガスがたまっておならがぶ〜!
家にいるならそれでもいいのでしょうが、デート中だったりしたら大変ですよね。
食後におならがたくさんでるのはなぜでしょうか。
まず考えられるのが、食事の時に空気を飲み込みすぎているということです。
呑気症といって必要以上に空気を吸い込みすぎてしまい、体の中にガスがたまり、それを排出しようとしておならが増えてしまうのです。
呑気症は現代増えているので人知れず悩んでいる人も多いかもしれません。
まず必要以上の空気を取り込みすぎないように気をつける必要があります。
空気を飲み込みすぎるのは早食いの可能性があります。
早く食べることで空気を知らず知らずのうちに飲み込んでいるのです。
かといって必要以上に遅く食べ過ぎるのも空気を飲み込んでしまうので注意が必要です。
おならの成分はほとんどが空気なので食後のおならに悩んでいる人は炭酸水などを控える必要もあります。

スポンサーリンク

おならが臭い人は腸内環境が悪化しているので食生活を変えていく必要があります。
よく言われているのが、食物繊維を多くとること、そして腸内環境の善玉菌を増やすために乳酸菌を多くとること。
これらが大事なことなのですが、おならの回数が増えてしまうのです。
臭くないおならに変わっていくのでこれはこれで必要なのですが、おならの臭いではなく回数に悩んでいる人は食物繊維を多くとりすぎたり、乳酸菌を多くとりすぎると逆効果になる場合もあります。
これといった腸の不調はないのに食後におならが多い、お腹にガスがたまるといった症状に悩むひとも増えています。
その場合過敏性腸症候群の可能性もあります。
腸内の環境を整えることが改善になるのですが、1人で悩んでいるとそれがストレスになり、またおならが増えるという悪循環にもなります。
日常生活で苦しい場合は心療内科など専門医に相談することで改善していきます。
迷わず相談が一番でしょう。
まだそこまでは心配ない場合もストレスが過敏性腸症候群の一因と言われています。
ストレスを解消する方法を自分なりに見つける、腸内環境を整えるということに気をつけることが大事です。

スポンサーリンク