おなら よく出る 食べ物

おならがよく出るのは食べ物が関係しています!

スポンサーリンク

おならがよく出るという悩みを持った人は意外に多いと思います。
周囲に人がいるところで臭いのきついおならをすれば迷惑になりますが、かといって我慢をすればおなかが張って苦しくなります。
また、サツマイモを食べるとおならがよく出ると言いますが、食べ物との関係はどうなっているのでしょうか。
まず、語源としては「お鳴らし」が変化してできたと言われています。
その成分は、約70%が食事をするときに一緒に口から取り込まれた空気で、約20%が血液中のガスが腸に出てきたものです。
残りの約10%は食べ物カスが大腸で分解されたもので、ここには臭いの原因となるガスが含まれています。
1回の量は数mlから150mlで、一日に5回から20回、合計で100mlから2500ml程度放出されます。

スポンサーリンク

おならがよく出る原因となる食べ物は、糖質を多く含んだイモ、ゴボウ、豆などが挙げられます。
これらの食べ物は繊維質を多く含んでいるため胃で消化されず大腸にまで達し、炭酸ガスやメタンガスに分解されます。
また、体質によっては牛乳に含まれる乳糖も大腸にまで届きガスとなります。
しかしこれらのガスは、臭いの元となる成分が含まれていないためあまり臭くありません。
悪臭の原因となるのは肉類です。
肉に含まれる動物性たんぱく質は大腸で悪玉菌により分解され、硫化水素やスカトール、インドール、アンモニアなど、臭いの元となるガスを発生させます。
おならを減らすためには、まずウォーキングやストレッチ、ヨガなど軽い運動で腸の働きをよくすることが効果的です。
次に、肉を減らし野菜を増やす、寝る直前に食事をしないなど、食事内容と食習慣を改善することが大切です。
さらにストレスを減らして自律神経の働きを正常化することも重要です。

スポンサーリンク