おなら 腐乱臭 原因

おならから腐乱臭がする場合の考えられる原因

スポンサーリンク

おならは自然現象であり1日に一度は必ず出てくるものです。
そして一般的におならは臭いものと言う認識がありますが、この臭いの変化で体の不調を知る事が可能になります。
健康的なおならの匂いは強い悪臭は無いものですが、体内に異常がある場合には腐乱臭の様な匂いを発する場合があります。
この腐乱臭は明らかに異常だと言われる程の強い匂いを発しますからもしおならの匂いが強すぎるといった様な事があれば一度病院を受診する必要があります。
時にニンニクやニラ等匂いがきつい食品を食べた場合にも匂いがとてもきつくなりますが、この場合はニンニクやニラに良く似た様な匂いを発するので食品により匂いがきつくなっている事が分かります。

スポンサーリンク

腐乱臭と言うのは何かが腐った様な匂いで人に強い不快感を与える様な匂いです。
この様なおならが出た場合に考えられる病は大腸ガンです。
大腸に出来た悪性腫瘍が壊死する事で腐った様な悪臭を放ちそれがガスとして肛門から排出される事が原因で匂いが強くなります。
そして悪性腫瘍から出血を伴うと血の匂いも混ざり合い更に悪臭のするガスが排出されます。
血生臭い腐った様な腐乱臭のするガスが肛門から排出された場合には早く病院を受診する必要があります。
そしてもう一つ考えられるのが憩室炎と言う病です。
これは腸の内壁の一部が外側に飛び出しそこに便が溜まり炎症を引き起こします。
この憩室炎を発症すると強い匂いのガスが排出され下血や腹痛が現れる場合もあります。
この様に体内に隠された病が強い匂いを発生させている原因の場合がありますから異常を感じた場合には早めに病院を受診する事が大切です。

スポンサーリンク