おなら 臭い 食べ物

おならの臭いをきつくする食べ物

スポンサーリンク

人前では恥ずかしいおならは音も気になりますが、それ以上に臭いが気になるものです。
腸内で発生したガスが放出されていますから、食べたものによって臭いなどにも影響を与えてしまいます。
たくさんの食べ物がある中、臭いおならの原因になるのが動物性たんぱく質です。
肉類や牛乳、たまごなどの動物性たんぱく質は胃腸で消化されにくく、食べかすとなってたまってしまいます。
これらは悪玉菌のえさとなり悪玉菌が繁殖することにより、腐敗臭のあるガスを作り出してしまいます。
そのため、悪臭のあるおならが出てしまうだけでなく、腸内環境を悪化させてしまって、便秘などを起こしやすくなります。
また、玉ねぎやニンニク、ニラなどは硫黄化合物が多い食べ物で、体臭や口臭の原因にもなります。

スポンサーリンク

おならそのものは生理現象で、腸内にたまったガスを出しているだけですから、むしろ健康的です。
しかし、臭いのあるおならは困りますから、悪臭の元を断つのが大切です。
動物性たんぱく質の取り過ぎを避けたり、玉ねぎやニンニクなどの硫酸化合物を作り出す食品を避けるだけでも効果的です。
また、腸内に悪玉菌が増えてしまうと、いくら食べ物に気をつけても強烈に臭いのあるガスを作り出してしまいます。
そのため、腸内の悪玉菌を減らすというのが大切なポイントです。
つまり、善玉菌を増やすことで悪玉菌を減らせますから、乳酸菌やビフィズス菌などを積極的に取ると良いでしょう。
ヨーグルトなどの乳製品や、漬物や納豆、味噌などの発酵食品に多く含まれています。

スポンサーリンク