オナラ 出す 方法

お腹に溜まったオナラを出す方法

スポンサーリンク

オナラがなかなか出ずにお腹に溜まってしまうのは腸のぜん動運動が弱くなっているからなので、オナラを出すためには腸を刺激して腸の働きを促進することが大切です。
そのための具体的な方法は以下のようになります。
自宅などの寝転がることができる場所にいる時は両足を伸ばした状態で仰向けになり、片足ずつ膝をゆっくりと胸に引き寄せるという動きをするのが有効です。
この動きを繰り返すと1分くらいでオナラが出始め、5〜10分くらい繰り返せばほぼ出し切ることが可能です。
寝転がることができない場所にいる時はスクワットをするのが有効です。
スクワットは足を肩幅に広げ、手を脇腹に置いた状態で太ももが地面と平行になるまでしゃがむようにします。
この動きを10〜20回繰り返すと下腹部が刺激されてオナラが出るようになります。

スポンサーリンク

人目が気になる場所にいる時は手のひらで下腹部をマッサージするのが有効です。
マッサージ方法はおへそを中心に上から見て時計回りにグイグイと下腹部を刺激していきます。
マッサージは大腸が始まる部分であるおへその下5cmくらいの位置から始めます。
このマッサージを行うとお腹からゴロゴロという音がするのでお腹に溜まったガスが移動していくのがわかります。
おへその部分にも張りを感じる場合はおへそに手のひらの付け根を当てて下に軽く押し込みます。
これを上記のマッサージと併せて行うと「の」の字を描くような動きになります。
オナラがなかなか出ずにお腹に溜まってしまうと健康に悪いだけでなく体臭や口臭が臭くなってしまうこともあるので、以上の方法でなるべく早めに出すことが大切です。

スポンサーリンク