おなら よく出る 原因 肝臓

おならがよく出る原因には肝臓が関係している?

スポンサーリンク

最近おならがよく出ると悩んでいるなら、肝臓が弱っているかもしれません。
アルコールを分解するだけではなく、体の中の様々な物質を解毒しています。
また、胆汁を作り出していて、それが腸で分泌されて脂肪を分解するという役目も担っています。
肝臓が弱っていると胆汁の生成量が充分ではなく、腸内の脂肪分をしっかりと分解できなくなります。
腸の中に消化し切れなかった脂肪分がたまって腐敗し、それが悪玉菌のえさとなります。
悪玉菌が繁殖すると有毒な臭いのきついガスを発生させてしまいますから、それがおならとしてよく出るようになります。
つまり、おならがよく出る原因の一端には、肝臓の機能低下が大きく関係していて、腸内環境の悪化によるものです。

スポンサーリンク

臭いのきついおならがよく出るのを防ぐためには、原因となる肝臓を労わる生活をするのが大切です。
まずは、アルコールの取り過ぎを避けるようにして、休肝日を設けるようにすると良いでしょう。
また、普段の食べ物も関係していて、脂肪分の多い肉類や動物性たんぱく質は、肝臓に負担をかけてしまいます。
同様に腸でも消化吸収に負担がかかりますから悪玉菌を繁殖させることになり、腸の活動が低下してしまいます。
逆に野菜などは消化にも時間がかからず胆汁を必要としませんから、腸内環境を良くするのに役立ちます。
野菜の食物繊維は腸内の大掃除をしてくれて、腸の活動を助けるのに有効です。
なるべく脂肪分や糖分の多い食事を避けるようにして、栄養バランスの整った食生活を心がけましょう。

スポンサーリンク