おならくさい

おならくさいのはなぜ?くさくないおならが止まらない時はどうする

スポンサーリンク

おならというのはほとんどが空気が成分なので本来は臭いはあまりありません。
なのにおならがくさいのはその人の食生活が大いに関係してきます。
個人差があるのです。
食べたものが消化される際にできるガス、臭いの元となる成分によっておならがくさくなるのです。
またその人の体調によっておならがくさい時とくさくない時がありますね。
おならがくさいというのに悩んでいる人はまず食生活に気をつけるとが大事です。
おならがくさくなるのには臭いがきつい食べ物、にんにく、にら、タマネギといった食べ物が好きだったり頻繁に食べることが考えられます。
にんにくもにらもタマネギは栄養価の高い優れた食物ですが、過ぎたるは及ばざるがごとしということなんでしょうね。
肉食中心の食生活の人もおならがくさくなりやすいです。
動物タンパク質は腸内の悪玉菌の大好物。
肉食メインの生活になると腸内で悪玉菌が増えてしまうこと、またタンパク質を消化する際に悪臭の元となる成分も一緒に生成してしまうのでおならがくさくなるのです。

スポンサーリンク

肉も大事な栄養素ですが、そればっかりというのはやはりよくありません。
肉を食べるなら同じくらい野菜も食べるという感じでバランスを考えて食べることが大事になります。
くさくないおならということなら腸内環境はいいと考えられます。
腸内環境に善玉菌が多いと食物を分解した際二酸化炭素や水蒸気を生成します。
これはほとんど臭いがありません。
いもといった食物繊維多めの食べ物をとっているひともおならがくさくないのではないでしょうか。
くさくないのはありがたいのですが、おならの回数が通常より多すぎるなら困り者です。
食物繊維多めの食生活だとおならのガスの量や回数は増えます。
ただ臭いはほとんどないので腸内環境は改善されているといえます。
くさくないおならが止まらない時は空気を飲み込みすぎている呑気症の可能性もあります。
呑気症は緊張すると歯を食いしばり空気を飲み込みすぎるというのが原因と考えられる他、食べるときに空気を吸い込んでいることも考えられます。
予防する際は食べ方や食いしばりなどにも気をつけるといいでしょう。

スポンサーリンク