黒い便 原因 対策

黒い便の原因と対策法

スポンサーリンク

黒い便が出る場合にはいくつか原因が考えられます。
まずは腸内環境が整っていないということです。
便が溜まってしまうことが原因により、悪玉菌が増殖して行き、善玉菌が減ります。
悪玉菌が便を黒くしてしまっている一番の原因です。
また、形にも影響してくる場合があり、ころころした便が出たり、逆に緩い便が出てしまったりすることがあります。
それと同様に、便が細長い場合なども悪玉菌が増えている可能性があります。
黒い便の対策法としては、食生活から改善していくことが大事です。
できるだけ野菜中心の生活をするだけでも効果が出てきます。
しかし、野菜ばかり食べているのも逆効果でバランスのいい食事を心がけることが大事です。
継続して生活を改善していくことで効果が期待できます。

スポンサーリンク

また、黒い便が出るということは体になんらかの異常があることを意味する場合があります。
真っ黒な便やいつもと違う便が出始めた場合にはできるだけ早く病院に行くことをおススメします。
異常を早期発見できれば正しい対策も取れ、進行を食い止めることも可能です。
しかし放置してしまうと手遅れになってしまうということも考えられるため、注意が必要です。
原因がわからない場合や解決方法がわからない場合も同様に病院に行き、詳しい検査をしてもらうことで、正しい情報を得ることができ、専門家からも正しいアドバイスをもらえることがあります。
同時に体の異常も検査してくれるため、できるだけ放置せずに専門家に相談することもおススメです。

スポンサーリンク