おなら 臭い 下痢

下痢をしていておならが臭いのは何が悪いのか

スポンサーリンク

おならは腸内に発生したガスが肛門から排出されるもので、ほとんどは食事の際に飲み込んだ空気だそうですが、その匂いは食べたものや体調により変わります。
肉や臭いのきつい食べ物を食べると腸内の細菌によって分解され強いにおいがするアンモニア、インドール、硫化水素などを発生させます。
これが腐敗臭として臭いにおいになります。
もう一つは腸内の悪玉菌で、食生活の乱れやストレス過多により栄養バランスが崩れると自律神経の働きが弱くなります。
これにより胃酸の分泌が少なくなり、胃で消化されない食物が腸までそのままの形で届き腸内の善玉菌による発酵だけでは消化しきれなくなります。
そこで悪玉菌を使って食べ物を腐敗させることで消化を助けようとします。
腸内に悪玉菌が増えることにより体調が悪くなれば下痢になったり、逆に便秘にもなる訳です。

スポンサーリンク

臭いおならを防ぐために日常できる予防法としては、食生活の改善です。
臭くなる食物・にんにくなどを控えるとか、肉類の食べ過ぎや肉類以外の食物の食べ過ぎを避けることです。
肉の持つたんぱく質は悪玉菌の大好物で大量に食べると悪玉菌が増える原因になります。
肉には食物繊維が無く水分を吸収できないので便になって排出されにくいので、体内で腐敗が進むことになりおならが臭くなります。
ヨーグルトや納豆など酵素を含む食品をを食べて腸内のバランスを整えることが有効です。
これにより下痢や便秘の症状も収まるはずです。
お薬としては乳酸菌配合の整腸薬に効果があります。
またストレスをためないことも腸内の悪玉菌を減らすために必要です。
休日は体を動かしお風呂でリラックスするなどしてストレスを発散させましょう。

スポンサーリンク