お腹にガスがたまる 原因 病気

おなかにガスがたまる原因は?病気なの?

スポンサーリンク

おなかにガスがたまって痛くなったりしたことありませんか。
なぜおなかにガスがたまるのか?これって病気なのか調べてみました。
おなかにガスがたまるのにはいくつか原因があります。
腸は食べ物を消化するために活躍する大事な内臓の1つです。
食べ物を腸で消化する際に腸内細菌が働いて食べ物を分解してその栄養素を吸収します。
その際に腸内ガスが発生するのです。
なので誰でも腸内ガスは発生するのですが、それをうまく体外に排出することができればガスがたまっておなかが痛くなったり、ぽっこりおなかになるということはないはず。
ただ腸内環境などがあまりよくなく悪玉菌が多いとそのガスが臭くなってしまいます。
おならが臭いということはやはりストレスですよね。
それが気になって悩んでいるというひともいらっしゃるのではないでしょうか。
おなら自体は人間にとって自然な行為です。
出物腫れ物所嫌わずということわざがあるように誰でも、美人でもイケメンでもおならはします。
通常1日10〜20回くらいはするものなのです。

スポンサーリンク

そしておなら自体は本来は臭いものではないのです。
これは驚きですね。
それが便秘であったり、腸内環境がよくなかったりという原因、また好んで食べる食事が原因で臭くなってしまうのです。
おなかにガスがたまってしまう原因のひとつに無理におならを我慢してしまうことがあげられます。
おならを我慢してしまう理由のひとつがその臭いにあるならば、臭いのあまりしないおならが出るように食生活などを改善していく必要があります。
またお仕事をしている社会人なら長時間のデスクワークもガスがたまりやすい原因になります。
仕事なのでしょうがないという部分もありますが、合間にちょっとストレッチをしたり体を動かしたりということも大事になってきますね。
食生活でどうしても肉ばかり食べてしまう。食生活が乱れがちというひとも腸内環境が悪くなりがちです。
自分の好きなものばかりでなくバランスの良い食事を心がけるといいでしょう。
ガスが現在溜まって困るという人は炭水化物を多めの食事をとってみましょう。
糖質制限ダイエットが流行しているため炭水化物はよくないというイメージがありますが、炭水化物には腸内ガスと便と一緒に排出するという働きがあります。
腸内ガスがたまって排出されないままにしておくと大腸憩室が傷つきひどい時には大腸憩室炎になってしまうこともあります。
気持よくガスを出し健康な腸にしてくことがおならの臭い対策にもつながっていきますよ。

スポンサーリンク

おなかにガスがたまる原因は?病気なの?関連ページ

快便なのにお腹の張り原因は?
腸にガスがたまる原因は?対策はどうする?