大腸がん おなら

大腸がんとおならの関係?

スポンサーリンク

日本人は最近大腸がんを患う人が増えてきました。
以前は男性が多いと言われてきましたが、最近は女性も増えてきています。
急激に増えている大腸がんはいろいろ原因が考えられますが、やはり食の欧米化が進んだことが大きいでしょう。
いわゆる肉食メインの食事ということですね。
肉は体に必要な栄養素でもありますが、やはり食べ過ぎはよくありません。
また肉が好きなひとは食物繊維たっぷりの野菜や海藻と一緒に食べたりというバランスの良い食事をしないひとが多いようです。
野菜嫌い〜という人も多いんですよね。
食事はバランスよくとる必要があります。
肉食メインのひとは肉と同じくらい野菜も食べるということを心がけるようにしてください。
この大腸がん、初期症状としておならのにおいの変化を挙げられます。
おならと密接な関係があるのです。

スポンサーリンク

大腸がんになるとおならのにおいが食物が腐ったようなにおいになるのです。
またおならだけではなく大腸がんの場合便の形状も細くコロコロしたものに変わるといわれています。
大腸がんの場合大腸にできたがんが壊死して腐った臭いを発生させそれがおならをくさくしたり、また出血を起こしそれがおならと混ざるとひどい臭いになってしまうのです。
もちろんおならや便の形が一時的にくさくなったりコロコロとしたものに変わっただけならそこまで心配する必要はありません。
ただ食生活に気を配っているのになかなか改善されない。
下血などもあるということであれば一度検査してみたほうがいいです。
大腸がんをはじめ癌は早期発見が大事です。
大腸がんや直腸がんはがん腫瘍が大きくなると便の通り道を塞ぐため便が出にくくなって便秘になったり便が細くなるといわれています。
便秘になると便は体内に長くとどまることになりくさい!元になるのです。
女性に大腸がんが増えてきたのは便秘になりやすいということもあり、腸内環境が乱れやすいというのも考えられます。

スポンサーリンク