ビタミンC おなら臭くない

ビタミンCをとるとおなら臭くない?おならが出やすい?

スポンサーリンク

ビタミンCはアスコルビン酸という別名で呼ばれることもあります。
水溶性という性質がありますね。
酸化を防ぐ働きがあり、酸化して体が老化するのを防ぐ働きがあります。
また美肌の元でもあるコラーゲンの生成を助けて、免疫力を高める、腸の鉄分吸収を助けたりという働きがあります。
紫外線対策にもビタミンCはいいと言われています。
水溶性ということもあってビタミンCは不足しがちです。
ビタミンCはサプリやドリンクなどにも配合されているものが多く手軽に摂ることができます。
そんなビタミンCですが、摂り過ぎるとおならが出やすくなるのでしょうか。
またおならのにおいが臭くなるのでしょうか。
もしかしたらあなたがとっているビタミンCに原因があるかもしれません。
ビタミンCは野菜や果物に多く含まれます。
多い食材としてはパセリ、ブロッコリー、ピーマン、レモンやいちごなど。
そのほかいもや豆にも含まれています。
キウイやゴーヤにもビタミンCが豊富です。

スポンサーリンク

そのほかサプリやドリンクでも気軽に取れるのですが、サプリやドリンクなどにはビタミンC以外の成分も多く含まれています。
ドリンクの場合だと糖分も結構入っているんですね。
ビタミンCを摂取するために頻繁にドリンク剤などに頼っていると糖分を予想以上にとってしまい、それがおならが出やすくなったり、臭くなってしまったりする一因になる可能性もあります。
ドリンク剤だけでなく食事でも摂取できるように心がけたほうがいいでしょう。
ビタミンCは免疫力を高めたり、ストレスを軽減するためにも必要です。
おならが出すぎる原因のひとつにストレスというのがあります。
日々ストレスの感じる生活を送っているという人はビタミンCが不足がちです。
ストレス解消するホルモンに副腎から分泌される副腎皮質ホルモンというのがあります。
その材料のひとつがビタミンCです。
食事の場合でも野菜だけ、果物だけではなくどちらもバランスよくとることが大事です。
水溶性で加熱などでも壊れてしまうのがビタミンCです。
長時間水にさらしたりせずまた加熱しすぎず食べるのがいいですね。
ちなみに成人男性、女性とも一日に必要な量は100mgといわれています。

スポンサーリンク