おなら 多い 臭い 原因 対策

おならが臭い…

スポンサーリンク

おならが多くて臭いと自分の腸の状態が悪いのではないのかと心配になりますよね。
おならは健康のバロメーターと言えます。
実は腸内環境がいい人のおならは実はそんなにくさくないのです。
というのもおならの成分の70〜90%は水素、窒素、二酸化炭素でほとんどは空気なのです。
臭いおならが出てしまうのは腸内環境がよくないといえます。
腸内の悪玉菌がタンパク質を分解するときに臭い成分も一緒に生成します。
もしあなたのおならが「くさっ」なら腸内環境で悪玉菌が優勢になっているのかもしれません。
悪玉菌はタンパク質や脂質をエサに増える菌です。
悪玉菌が増えると腸の中を腐敗させおならがくさくなる成分、硫化水素、インドール、スカトール、アンモニア等が発生します。
これが臭いおならの元になるわけですね。

おならがくさいの改善するには・・・

おならが臭くて困っている人はまず食生活を見直す必要があります。
肉食メインの欧米型の食事をすることが多いならおならが臭くなります。
またにらやにんにく、ねぎといった臭いの元となる食べ物を多く食べた場合もくさくなりますね。
このように普段の食べ物に原因がある場合。
そしておならがくさいのは病気のサインである場合も見逃せません。
ひどい悪臭のおならの場合大腸がん、憩室炎、といった可能性もあります。
またおならがくさいのにはひどい便秘も関わってきます。
腸内に便がとどまっているので便が発酵しガスが発生し、おならとして出るときにひどい臭いを伴います。
これらのようにおならは体の調子のバロメーターでもありストレスなどでも多くなるのであなどれません。

スポンサーリンク

おならが多いのもいや…

臭いおならも悩みの種ですが、回数が多いとそれがストレスになってしまうことがあります。
通常人間は1日平均0.5〜1.5リットルをおならとして体外に出しています。回数でいうと5回から20回ほどです。
数えたことがなかったので個人的には多いなと感じました。
それ以上におならが出ているときはまず考えられるのが食物繊維の多い食べ物をとっているということ。
食べるときや会話のときなど必要以上に空気を飲み込んでしまうことでおならが増えてしまうということ。
そして腸内にガスがたまりやすくなる病気のサインの場合があります。
腸内ガスが多くなるのは慢性胃炎、直腸の潰瘍、すい臓や肝臓、胆嚢の病気、尿路結石などがあります。
おならが臭くて多いと恥ずかしいと我慢してしまう人がいますが、我慢するのは体にはよくありません。
体外に出ることができなかったおならは血液に溶け込んだり口から出てしまうことになり体臭や口臭の原因にもなりうるのです。
このサイトではいろんなおならの原因や対策について紹介してきます。
おならが生理現象で出てしまうものなら…臭くないおならにしたいです。
そのためには食生活の見直しも大事ですし、ストレスのない生活を送ることもポイントですよ。
まずはおならの臭いがひどくならないよう日常生活で予防してくことが大事です。

スポンサーリンク